高精度製造を可能にするアルミキャスト法|新素材の登場と進化

Glass

耐衝撃性に優れている

工場

カーボグラスとはポリカーボネートフィルムのブランド改名に伴い登場したものであり、ポリカーボネートを主体とするフィルム全体の事を指す。様々な製品が存在し、カーボグラスには主に4つの製品が存在する。まず一番一般的な種類に分類されるものに一般グレードフィルムシートがある。名前に一般と入っているように汎用的に使用することが出来るタイプになり、カーボグラスの特徴である耐衝撃性に優れているという大きな特徴を持つ。耐衝撃性と同様に大きな特徴である点として透過性に優れているという点があり、光の透過率が非常に高い特徴を持っている。また電気的絶縁性も兼ね備えており、電気が使用される場面でも容易に利用可能である。一般グレードフィルムシート以外には非臭素非リン系不使用グレードフィルムシートがある。名前の通り臭素やリン系の素材を一切使用していないタイプであり、環境的にも良い特徴を持っている。廃棄した時でも容易に焼却処分することが出来るのが他のタイプと異なる点といえるだろう。電気絶縁効果を持っていて電磁波シールドにも用いられることがある。
難燃焼性グレードフィルムシートは燃えにくいという特徴を持ったカーボグラスである。可燃性の場所で利用しても燃えにくいため工業現場などでもよく利用され、またマット調なタイプも存在する。非臭素非リン系ふしようグレードフィルムシートと同様に電気的絶縁性と電磁波シールドの特徴を持っている。カーボグラスブランドの元々の名前でもあるポリカーボネートは電気絶縁性が高い特徴を持っているが、表面の帯電を防止したモデルとして帯電防止フィルムタイプも発売されている。表面の抵抗率を10の12乗
にすることでほぼ電気が帯電しないようにすることができ、電気が帯電しては困るような場所でも利用することが出来るようになっている。また臭素を使用しないモデルやリン系を使用しないモデルも販売されている。4つの種類があるカーボグラスはそれぞれで利用用途が変わり、利用出来る場所も変わってくる。