高精度製造を可能にするアルミキャスト法|新素材の登場と進化

Glass

小ロット生産とは

工場

プラスチックを材料にして何らかの成形物を作ろうとなると専門の加工業者を利用することになる。プラスチックは比較的加工がしやすいため加工を専門とする業者やメーカーも意外と多い。プラスチックを成形加工するために用いられる方法は実はいくつか存在し、中でも一般的に用いられるのが金型法だろう。金型を予め作っておくことで流しこむだけで簡単に整形することが可能になる。しかしこの金型は非常に手間隙かかるものであり、大量生産する場合も用いられる工法になる。最初から小ロットしか生産しないという場合は金型を用いる方法ではなく、NC加工機や3Dプリンター等を用いた加工が用いられ、こういった加工は小ロット生産でも意外と安く成形加工をすることが出来る特徴を持っている。
小ロットしか加工しないという場面は意外と少ないが、例えば試作品を作るという場合はわざわざ大量生産ラインで作る必要はない。そのためNC加工機を用いて自動的に加工してもらい、形状を確認したりするのに用いられることになる。
NC加工機や3Dプリンターを使用した小ロット生産は実は意外と古くから存在している。一番の魅力は低価格で金型が要らないという点だが、勿論金型でしか出来ない造形などをするときには向いていない。このような場合は金型を使用してコストをかけることになるが、最近になり簡易金型造形法が登場してきている。簡易金型造形法とはまさに書いて字の如く、簡易的に金型を作り、この金型を使用してプラスチックを流し込んでいく。一番の特徴は金型と同様の加工レベルが出来るという点だが、通常よりもコストを下げることが出来る。また中規模生産にも対応することが出来るという点があり、ある程度品質も欲しいという場合はこの製造方法が用いられる。簡易金型造形法が誕生した背景には金型製造の技術が飛躍的に高くなったという理由がある。これまで出来なかった加工が低コストで化膿になり、また金型生成に関しても短期間でできるようになっている。これらは全て自動成形されるのが一般的で、FAを始め自動加工機の進化によって日に日にプラスチック製造業界は質が高まっている。