高精度製造を可能にするアルミキャスト法|新素材の登場と進化

Glass

耐衝撃性に優れている

工場

カーボガラスは元々ポリカーボネートとして販売されていたものであり、ブランド改名によって登場した。4つの種類があり、それぞれの種類で大きく特性が変わってくるため、利用できる場所や利用できない場所もそれぞれで異なる。

読んでみよう

通販購入できる

作業員

鉄の購入は実は通販ショップでも可能なことが多い。鋼材材料を販売するショップでは鉄が販売されていることが多く、購入に関しても意外と安く販売されていることが多いためお得に購入できる事が多い。

読んでみよう

小ロット生産とは

工場

小ロット生産でプラスチック加工をする時は金型を用いる成形方法ではなく、NC加工機や3Dプリンター等を用いた加工方法が一般的に行われる。コストを下げることができながら製造品質も高い簡易金型法も最近では登場している。

読んでみよう

鋳物と鋳造

作業員

金属を使用した製品を作る時は一度金属材料を溶かして流し込むという鋳造が行われる。鋳造の歴史は非常に古く、最も一般的に用いられる金属加工の手段といえるだろう。鋳造によって整形された加工品は鋳物と呼ばれ、英語ではキャストと呼ばれている。流し込む金属も様々なものが存在しており、鉄は勿論のことアルミなどは材料として使いやすいため多くの現場で鋳造が行われている。アルミの鋳物の事はアルミキャストと呼ぶが、実は鋳造方法に種類が存在する。一般的に鋳造の方法は金属を溶かし、ドロドロ状の金属を型に流し込むという方法が用いられる。後は冷やせば型どおりの成形がされているという構造になるわけだが、流し込む時にある方法を用いると非常に精巧なキャストが作ることが出来る。その方法は圧力を掛けるという方法であり、圧力をかけながら型に流し込む鋳造方法をダイキャスト法と呼ぶ。
ダイキャスト法を使用すると圧力がかかった状態で流しこむことが出来るため、型と金属の液体で隙間ができにくくなるというメリットが生まれる。そのためミリ単位で精度が求められる造形物を作る場合には必ず用いられ、アルミダイカストを用いる場合は意外と多い。アルミダイカストで作られたキャストの利用例として代表的なものにエンジン内部のパーツがある。主にダイカスト法は自動車の発展と同時に技術開発され、今の自動車が効率よく走行し、燃費が良いのはこのアルミダイカストのレベルが高いからとも言えるだろう。近年アルミキャストを始め製造業界の発展は非常に目を引くものが多い。例えばカーボグラスなどの素材はガラスの代替品として使用される程の透明度を誇っていて、これまでになかった材料の1つといえる。こういった材料が通販でも気軽に購入できたりするのは本当に素晴らしいことだろう。